うつ病体験談

【うつ体験談・復帰後の転職#1】初出勤時の気持ちをブログに書いて分析する

「初めてのことをやる」という行動は心身にとって大きな負担になりますよね?

その負担を真正面から全て受けてめてしまうことは、気持ちの上で辛くなってしまうことも多いです

今回は「私の初めての他業種への転職」「初めての出勤」についてブログを書いていきます

出勤当日の気持ちをスマホで記録していたのでそれも合わせてご紹介します(はっきり言って当日に慌てて打っているので文章は読みづらいかもしれません💧)

初めてやることに「大きな不安」を持ってしまう方、「体調にまで影響してしまう」方の参考になれば嬉しいです

復帰転職からの初出勤

リアルな出勤前の気持ち

半年ぶりの仕事…いつもより体が重く感じる

いつもどおり朝活してるのにいつもより集中力がなく、意識が散らばっている。時計を何回もみてしまい、その都度焦る気持ちになる

こんなことを思いながら私は今現在、令和2年12月7日AM6時にブログを書いています( ´∀`)

初めての仕事場…正直こればっかりは慣れないし、気持ちが悪くなるぐらい緊張する💧

到着してしまえばいいんだけども、行くまでの時間が謎に緊張するのは「仕事に対する自分の妄想」で緊張しているんだろう(´;ω;`)

しかし、仕事をするためには誰もが通らないといけない道…
この1日がなければ会社に勤めることはできない

「自分を奮い立たせて重い体で準備をしよう!」と心に決めて支度していました

でもブログにこうして気持ちを書いているからか、幾分気持ちが楽かもしれない…

何もせずに待っているだけだと、本当に気持ちが落ち込む
妄想というか想像というか勝手に自分の中でストーリーを作って嫌な考えになるのが1番いやだなぁ

自分で作り出す妄想想像って本当に怖いと思う

多分、仕事場の人はそんなに悪い人いないと思うけど、過去の経験からどうしても嫌な状況を想像してる

そろそろ出発して、早めに今日は出勤しようと思います💧

「初出勤時の気持ち」の分析をする

前述した出勤前の気持ちは、先のことを考えて恐怖している。過去の経験に引き連れて不安が大きくなっている状態だと思います

まだ来ていない未来の状態に、今から「安心できる場所ではなかったらどうしよう」という不安し

過去の経験から「安心できる場所がほしい」「また嫌なことがあったらどうしよう」とより不安を強くしています

私は初出勤前の気持ちとしてはあんまりよくないかもですが、それが’私の気持ち’なのである程度しょうがないものなのかなと思いました

私がこのように考えるきっかけになった「反応しない練習」という本があります。その中でも私が緊張した時に支えてもらった言葉をご紹介します

苦しみをもたらしているものは、快(喜び)を求めてやまない”求める心”なのだ。

引用:反応しない練習 草薙 龍瞬

「反応しない練習」の言葉を借りれば、初めてのことをやる際の不安のない快適な環境を’心が求めた’ということなのでしょう

しかし初出勤する前にいくら、安心できる場所を求めても今仕事場に行っているわけではないし、今職場の人と合っているわけでもない

つまり、求める心に惑わされ先のことを考えて「不安だ」「不安だ」って言っている状態です💧

これはいつか身体は朽ちるから不安だよね!って言ってるのと変わらない気がしないですか?

この本を読んでからは不安な気持ちも受け入れるようにすることにしました
「初めての職場」「はじめての出勤」に対する気持ちは正常なものだと

正直、次に出勤するのは3回目ですが最初ほど「大きな不安」を抱えてはいません

これはやはり全く知らない場所への不安が大きかったことが関係していたんだなと強く感じました

これから毎日通っていけば、慣れてきて、安心して不安を感じることもなくなってくるんだなと思います

大事なことは

先の未来に不安を感じることは当たり前の反応だと認識すること(求める心があること)

考えても変わらないことは考えない工夫が必要

これからたくさんの不安に晒されるので、意識していきたいと思っています

半年ぶりに仕事をした帰り道の気持ち

リアルに帰り道で思った気持ち

夕方6時仕事が終わった。緊張と気疲れで心身ともに疲弊(´;ω;`)

バスも電車も乗り継ぎ悪く、1時間かかんないのに1時間30分かかった
バス停間違えたし、ボロボロだったからだけど笑

今の気持ちは4割「充実感」と、6割「疲れ」っていう感じかな?

本当に疲れている時って、ブログもSNSも自己学習もできないんだね
久しぶりの感覚で少し戸惑う笑

習慣化できるように少しずつ慣れていくしかない

とりあえず慣れる!
とりあえずやってみる!
とりあえず仕事終わっら身体を休める!
「とりあえず」じゃないと不安が強いからとりあえず動いてみる( ^∀^)

疲れた〜

「初出勤帰り道の気持ち」を分析する

初めてのことで心身ともにボロボロだったけど、1日過ごせた充実感と疲れが入り混じったなんとも言えない気持ちだったと思う

あれだけ怖がっていた初出勤でしたが仕事後には、「4割充実・6割疲れ」と不安を書かなかったということが今思い返すと驚きです!!

それだけ、自分の求める心が「見えない不安」を作り出していたと言うことなのでしょう💧

今はこうしてブログを書いていると、本当に初出勤を頑張って良かったなって思います

こうして頑張れる場所が見つかったのは本当に感謝するべきことだなと

この経験は私自身の大きな成長だと思うし、財産なんだと思います!

その日は久々に仕事して疲れが出たのか、軽い頭痛もありその日は10時過ぎに寝ました苦笑

行きと帰りでの気持ちの違い

1日出勤するだけでも、気持ちの変化がある

妄想が妄想を作り、考えればどんどん不安が増強する

出勤前の不安な気持ちは、見えない・わからないことに対する恐怖が強く作用していると思う(見えれば少し恐怖が和らぐ)

初出勤を終えて思うこと

初出勤を終えて初めての休みの日にブログを書いています

正直少し仕事のことを考えてしまうけど、今できることをやる!ということに意識を向けて、不安を感じる自分を受け入れて穏やかに過ごしそうと努力しています

初めての職種で「できないことが当たり前」という感覚なのがよりいいのかもしれないですね( ^∀^)

私は、できないものはできないし、できないものはできるために努力する
人の役に立つために必要なことをやっていくだけですから

と…今は非常にシンプルに考えております( ´∀`)
少し不安な材料が仕事やブログ、自己学習を頑張りすぎること…

十分に注意して仕事とブログを両立していきたいとやる気になってます
( ´∀`)

ちなみになのですが、初出勤時のエピソードとして3つ「緊張しすぎ」と自分でも思うものがあります

①通勤時のイヤホンを忘れる
(あれだけ準備をしっかりしたのに笑)

②出勤時に予定時間の1時間前に着く💧
(グーグルマップを恨めしい目でみつめました笑)

③帰りのバス停がわからず、帰る時間が遅くなる
(行ったのは初めてじゃないのに、機能停止してたな笑)

こんな感じですかね( ^∀^)

はっきり言って誰よりも私は準備をしてつもりです
れでも100点は取れないので、潔く全力で頑張るだけですね!

全力を尽くせたかが大事なんて聞いたことあるけど、今なら少しわかる気がします( ´∀`)

まとめ:初出勤は緊張するよ💧

初出勤は転職だろうが、うつ病の復帰だろうが、新卒の就職だろうが誰でもどんな人でも緊張すると思います

初めての場所には自分の居場所があるかどうか不安です
その安全な場所をある程度、確保できるまではみんな不安だと思います

しかし不安ばかりになってしまうとあまりよくないので、自分にできることを考えていた方がいいと思う

私にできることは、体調を管理して、できるだけいつも通りのルーティンをこなし、意識ができるだけ仕事の不安にいかないようにすること

そのための方法を持っているかで過ごし方や気持ちの持ち方が変わってくると感じます

私の場合は不安を減らすのではなく、不安を受け入れる心の持ち方を鍛えた方が自然だと思います

もしまだ「不安を受け入れる方法・自分のやることに集中力する方法」がないよ!って方はぜひ「反応しない練習」を読んでみてください( ^∀^)

この記事が誰かの不安を減らす材料になれば嬉しいです!

ありがとうございましたm(_ _)m

参考文献

ポジティブになるのではなく、自分を見つめることが大事なこと。モヤモヤした気持ちが晴れる一冊です↓↓↓
反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」