読書

【本の内容が入ってこない方へ】本のまとめる方法【マインドマップ】

本を読んでも内容を忘れてしまう…

本の内容を要約してまとめるものが欲しいな

このようにせっかく本を読んでインプットしたのに、内容をアウトプットする前に内容を忘れた…なんてことありませんか?

私は日常茶飯事でした

読み返すのにも時間がかかるし、めんどくさいのでそのまま本を放置してしまうことが多かったです

放置クセをなんとかしようと、本の「いいまとめ方」がないかなと探していたんですね

その時、偶然「マインドマップ」というものをみつけ読書の生産性が上がったのでシェアしたいと思います

本の内容を要約するマインドマップとは

まずマインドマップとはどんなものなのか画像で確認しましょう!

このような感じです。なんとなくイメージは掴めたでしょうか?
書いてあるのはこのブログの骨組みです

次にマインドマップの定義をWikipediaで調べてみました

思考の表現方法である。頭の中で考えていることを脳内に近い形で描きだすことで、記憶の整理や発想をしやすくするもの。

引用:Wikipediaより

思考を整理し、発想を豊かにし、記憶力を高めるために、想像 (imagination) と連想 (association) を用いて思考を展開する。この方法によって複雑な概念もコンパクトに表現でき、非常に早く理解できるとされる。

引用:Wikipediaより

つまり、読んだ本に対して「記憶の整理」や「記憶する」ことにつながります

こんな文章読んだらマインドマップ使いたくなりませんか?笑

マインドマップを使うメリット5つ

マインドマップを使うメリットはこのようなものがあります

本をまとめておくだけでなく、数多くの効果が期待できますね!

メリット①
本を要約した部分だけ読めるので、時間がかからない

メリット②
マインドマップのデータを残せるので、すぐに確認できる

メリット③
自分でまとめることで、「記憶の定着」や「内容を深く理解すること」ができるようになる

メリット④
マインドマップでまとめることで、「文章のまとめ方」が上達する

メリット⑤
ロジックツリーとして仕事に役立てる方法もある
(※ロジックツリーとは、問題解決の手法として使えるツール)

【時間の節約】本を要約した部分だけ読む

本の要約した部分だけを読めるのは大きなメリットです!

一目でわかりやすく、時間をかけずに確認できるので、最初の要約するのに時間が多少かかっても、後のメリットを考えれば問題ないですね

本に付箋やマーカーを付けたとしても、一目で欲しい情報を見つけだすのは難しいので、探す時間がかなり短縮され節約になりますよ

本の内容を思い出したくなったら、マインドマップを開くという習慣にしましょう!

【データ管理できる】探さなくてもよくなる

PC内でデータ管理できるので、検索をかければすぐにデータが出てきます

本を本棚から探すという行動もいらなくなるのです

時間という貴重なものを大切にすれば、もしかしたらもっとたくさんの本を読むことができるかもしれませんよ?

ちなみに私は本のミニマリストです。出来るだけ電子書籍化して手元の本を減らしています

理由は本が部屋を圧迫すると集中力できなかったり、読みたい本が今すぐ読めなかったりするからです

あと個人的には、本にホコリがかかるのがどうしても嫌なので…
(いや、掃除しろよ!と思った方は正解です)

とにかく、「いつでも」「どこでも」「快適に」を実現させたいのです!

【記憶の定着・深い理解】まとめることで得られる恩恵

私は本を読むときは、お風呂か外出時に読みます

その際に気になった箇所を軽くマーキングしておいて、時間がある時に家でマインドマップを作成します

この時にマーキングした箇所を中心にもう一度ざっと見返します。そして、必要なことをマインドマップにまとめていきます

マインドマップで記憶が定着・深い理解が得られるのは

  • マインドマップでまとめる行動
  • 2回目の流し読みによる精度上昇

この2つのの効果だと思います

頭に入ってきかたが違うので、本当におすすめです!

【文章の上達】マインドマップを書くことで勝手に上達する

マインドマップは要点だけをまとめて書かないと意味がないので、文章を要約する力がつきます

できれば論理的な思考を本で学んでからやると、より効果は倍増します

ブログの骨組みを作る際にも役に立つ優れものですね

文章は書くことででしか、うまくならないのでどんどん書いていきましょうね!!

【仕事効率化】ロジックツリーとして仕事に役立てる使い方もある

論理的に仕事をこなし、道筋をしっかりたてて問題解決にむかう。ということにも使えます

仕事で問題点が出て、修正していくことはどの仕事でも同じですよね

その問題を修正するのに役立つのがマインドマップになります

参考例として載せておきますね

こんな感じで問題を細分化していくと、よりはっきりと修正すべき点がわかりますね!

マインドマップのソフト「mind master」がおすすめ!

私がマインドマップを使い始めたのは、ブロガーのヒトデさんの動画をみて使い始めました

…ちなみにブログを立ち上げたのもヒトデさんの、ヒトデブログを見て始めました( ^∀^)

私が見たヒトデさん動画は超有益なので、ご覧いただければよりマインドマップ「mind master」を深く理解できると思います

マインドマップのダウンロードはこちらから(無料版で十分です)
↓↓↓↓↓↓
mindmasterダウンロード

ちなみにヒトデさんとは面識も、繋がりもありません

勝手に師匠認定しているだけです💧笑

まとめ:マインドマップを使うのは本をまとめるのに最適解

マインドマップを使う最大の恩恵

読んだ本に対して「記憶の整理」や「記憶する」ことにつながる

マインドマップを使うメリット5つ

①時間の節約

②データ管理ができる

③記憶の定着・整理

④文章の上達

⑤仕事効率化

おすすめのマインドマップのソフト

「mind master」というソフトがおすすめ

どうでしょうか?あなたもマインドマップ使いたくなりませんか?

ぜひマインドマップであなたの読書ライフを、実りある楽しいものにしてくださいね!